カテゴリ:未分類( 15 )

柿渋染めレディースベスト

c0128541_720259.jpg


平安時代から続く伝統の柿渋染めで仕上げたレディースベストです。
独特の風合いのお洒落さだけでなく、耐久性、耐水性、抗菌性に優れた商品です。

着ていく内に柿渋染め独特の風合いが更に増し、自分だけのオリジナルの一着としてお楽しみいただけます。


いいもの交流館「柿渋染めレディースベスト」のページへ
[PR]
by salesrep | 2009-12-25 13:44

ちょうようせっけんの泡立ち

ちょうようせっけんの愛用者様から、
「泡立ての実演をみて、色々な石鹸を購入してきましたが、
実演通りに泡立てられたの初めて!
泡立てネットを使わなくても、あっと言う間にスゴイ量の泡が立ち
クリームのように本当きめ細かいです。毎日の洗顔楽しんでま~す!」

と、嬉しいお話を頂きました。

石鹸を手に持って、3回くらい転がすだけで、十分泡立ちますし、
使用頻度にもよりますが、2~3ヶ月は持ちますよ。
型崩れしにくく、最後までしっかり使え(泡立ちも)、経済的です。

私なんか紙石鹸並みまで使いきったことで、プチ喜びを感じてます。

商品詳細は → バーバラちょうようせっけん
[PR]
by salesrep | 2009-12-02 09:37

健康志向の食用油 グレープシードオイル

葡萄の愛情(チリ産グレープシードオイル)は、低温圧搾法で作られています。
原料を単純に押しつぶし、油を絞りだす昔ながらの方法で
植物本来の成分と特性が生かされる抽出法です。

一方、調理用や化粧品会社用向けなどに一般的に大量生産されている植物油は
溶剤抽出されたものがほとんどです。

低温圧搾法は、溶剤抽出に比べ、たった3割の搾油しかとれません。
葡萄の愛情600g(1本)作るには、ぶどう果実 約550kg
ぶどうの種子 約20kg必要です。

◆メタボリックシンドロームが心配な中高年
コレステロール0% 

◆成長期の子供たち
新陳代謝の活発な成長期には特に必須脂肪酸の摂取が大切

◆シニア世代
後味がさっぱりしているので油ものが苦手な世代もOK

◆肌の活性化をのぞむ女性
豊富なビタミンEは血行を良くしホルモンバランスの維持家族

みんなが喜ぶオイルです!

グレープシードオイルの詳細ページへ
[PR]
by salesrep | 2009-08-28 09:00

新ネックピローバイブの機能

バイブレーションマッサージとヒーターの温熱効果で、日ごろ疲れやすい首や肩の血行を促進し、筋肉の疲れをとり、コリをほぐすヒーター付マッサージ器具です。

表生地には抗菌・防臭・防汚作用のある二酸化チタン光触媒加工を施してありますので、毎日の疲れを癒しても清潔にお使いいただけます。


肩こりのひどい方、首のだるい方、デスクワークの多い方、長距離運転する方、日頃の疲れをこれで癒してください。クッションを首に巻いて、スイッチをONすれば、じんわりとした温かさに包まれ、バイブレーションに身をゆだねてリラックス。うっかり眠ってしまっても大丈夫、約20分のオートオフタイマー付だから安心です。
ランニングコストは約0.3円/時間と経済的です。


いいもの交流館「新ネックピローバイブ」のページへ>>>
[PR]
by salesrep | 2009-06-10 17:52

新ネックピローバイブ

元々は、ネックピローバイブという名称で、本体を首に巻きつけてバイブレーションマッサージで、首や肩の筋肉のコリをスッキリさせる器具でした。

ある日、この商品のユーザーから「温熱効果もあれば、首や肩の血行を促進してくれて、いっそうコリコリ肩とパンパンの首にイイのですが、ヒーター付はありませんか?」この声に応えて、開発されたのが「新ネックピローバイブ」です。


いいもの交流館「新ネックピローバイブ 」のページへ>>>
[PR]
by salesrep | 2009-02-16 16:36

オルゾ イタリアン大麦ノンカフェインコーヒー

イタリアではBAR(バール)で、エスプレッソと同様にcafe d'orzoという名で飲まれている人気商品です。ノンカフェインで食物繊維が多く、美肌づくりに役立つナイアシン(ビタミンB3)が豊富です。

イタリアにギリシャ・ローマ時代から伝わる大麦の古来種をオーガニック栽培で育て、大麦の栄養を壊さないように、丹念に長い時間をかけて焙煎したものが「オルゾ」です。

日本でティーパックにつめて販売しています。ティーパック化したことで、水やお湯、牛乳にティーパックを入れるだけで、簡単にオルゾが飲めるようになりました。短い時間ですぐに溶け出し便利です。

抽出した後のティーパックを乾かしてみると、10gあったティーパックは、2~3gになってしまいます。溶けた7~8割のオルゾ(大麦)は「飲みながら大麦を食べている」効果があると言えます。


オルゾ イタリアン大麦ノンカフェインコーヒーのページへ>>>
[PR]
by salesrep | 2008-12-12 16:16

IH対応南部鉄器「お国自慢鍋ツル付」

こたつの上に置いても適度の重量感があって安全性が高い、お国自慢鍋は200VIHクッキングヒーター・卓上IH調理器、ガスコンロ、ハロゲンヒーターでも使用できます。

鍋料理にとって強い味方は高い熱効率と保温性。この鍋は周囲に段が施され広口の形状が吹きこぼれを極力抑え、丸底なので使用後に洗い易いというのも嬉しい限りです。

重厚なデザインと黒い艶が具(食材)を引き立てて一層おいしそうに演出してくれます。
味噌汁など毎日の食事から美味しく鉄分を補えるというのも嬉しい鍋なのです。

鋳鉄製の鍋の表面には細かい凹凸があるので、そこに油が染み込み加熱したときには空気が入り込むことで焦げ付きを防ぐ働きをしてくれます。
焼き物、炒め物といった料理にも最適なのです。
湯豆腐、水炊き、おでん、アンコウ鍋、フグちり、カキ鍋、三平汁、しょっつる鍋、猪鍋、といった日本の味、鍋料理をお国自慢鍋でお楽しみ下さい。

鍋を囲むと皆いい顔になります。


いいもの交流館「南部鉄器 お国自慢鍋ツル付」のページへ>>>
[PR]
by salesrep | 2008-11-28 16:45

バーバラ寺岡デザイン ユニバーサル食器 はっぽう膳の魅力

c0128541_17444520.jpg

17~18世紀ヨーロッパ中の王侯貴族たちを酔わせた洋食器のルーツは、日本の硬く、白く、透明な磁肌に不思議な暖かさを感じさせる食器です。

この美しい食器は5百年をさかのぼる朝鮮・中国・ヨーロッパにまたがった、気の遠くなるほど長い歴史を持つ有田焼の土壌から誕生したのです。

そして今、九州伝統産業に高い付加価値を図った新素材「軽量強化磁器fuccino」の食器開発にバーバラ寺岡が参画、和文化の心を食器にデザインしました。


いいもの交流館「バーバラ寺岡デザイン ユニバーサル食器 はっぽう膳」のページへ>>>
[PR]
by salesrep | 2008-08-20 17:57

「コモスイ」は安心・安全の除菌・消臭水です

普通の健康な人であれば、命を落とすこともないウイルスや菌でも、弱者にとっては大変怖い存在です。また普段使う除菌剤がいくら強力な効き目があっても、成分を理解せずに間違って飲んだり目に入ったりしたら大変です。


次亜塩素酸水(コモスイ)は飲んでも空中噴霧で吸い込んでも、まったく問題はありません。
だからお年よりでも安心して使える未来型除菌・消臭剤です。


コモスイは、ほとんどのウイルス、菌に効果を発揮します。
インフルエンザ、ノロウイルス、黄色ぶどう球菌、大腸菌(O-157)、緑膿菌、レジオネラ菌、枯草菌、等々。またアルコールでは効かない菌でも効果があり抵抗性もありません。さらに、カビ類の真菌も除菌するのでお風呂場のカビ予防にも最適です。


北海道の老人ホームで超音波の噴霧器にコモスイを10ppm程度で噴霧。
今まで必ず数名のインフルエンザが発生していたのが 0と云う結果、今年は設置場所を増やしノロウイルス対策も対象にコモスイを積極的に使用中。
現在インフルエンザもノロの被害も無しという結果に!



いいもの交流館「コモスイ」のページへ>>>
[PR]
by salesrep | 2008-08-08 16:59

嫌なニオイを消す「コモスイ」とは!?

コモスイは、食品工場などの衛生管理現場で使われている除菌水を家庭やお店、病院などで手軽に使えるよう開発された商品です。


成分は次亜塩素酸ナトリウムと希塩酸を希釈して混合した生成水。次亜塩素酸とは、人間の免疫システムにおいて、異物を分解し排除する時にこの次亜鉛素酸を作り出し殺菌しています。

これは人間の体内に常に次亜塩素酸が存在していること示しているのです。したがって、次亜塩素酸は微生物を死滅させますが、高等生物には無害だから安全といえるのです。


もっとわかりやすく言うと、私達が普段飲用している水道水の中には0.1ppm以上の次亜塩素酸ナトリウムが含まれていますが、コモスイを加湿器などで約1時間噴射し続けた場合、水道水をコップで5分の1程度飲むのと同じ塩素量ということになります。


また、厚生労働省が次亜塩素酸ナトリュウムと希塩酸を希釈混合して生成した次亜塩素酸水を食添殺菌剤と認定(平成14年6月10日付け官報に掲載「厚生労働省令第75号」)し、現在では食品加工工場などを中心に、安全で強力な除菌・消臭水として普及しています。



いいもの交流館「コモスイ」のページへ>>>
[PR]
by salesrep | 2008-08-06 17:34