<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

田中愛子のダシ入り顆粒みそセット

c0128541_1441991.jpg


従来の即席顆粒味噌類のダシは化学調味料や添加物を使用しているのが主流です。
しかし、この商品は化学調味料をいっさい使わず、生みそと天然由来のダシを使った自然本来の味を目指して開発されました。

スプレードライ方式の粉末では風味を損なうだけでなく、使用時に飛散すること、造粒顆粒では添加物や加工助剤を使うため、有機認証が難しく結果、コスト高になるもののフリーズドライの粉砕顆粒で決定。
試行錯誤を繰り返し、従来の即席顆粒味噌類とは違う自然本来の味・風味を生かしたダシ入り顆粒みそが完成しました。

みその原料はメーカー直営の有機JAS認証農場で栽培された無農薬大豆・米を100%使用、天然由来のダシを100%使用して、有機JAS認証を得ています。
また、ISO認証を受けた工場で味噌を熟成・製造されています。


いいもの交流館 田中愛子のダシ入り顆粒みそページへ
[PR]
by salesrep | 2010-01-22 14:04 | 商品

田中愛子の葡萄の愛情 産地について

c0128541_13502161.jpg


田中愛子の葡萄の愛情はチリで作られています。
米大陸に位置するチリは、東西の幅がアンデス山脈から太平洋岸まで平均175kmに対し、南北の長さは約4300kmにもなります。その国土は東に 6000m級のアンデス山脈、西に太平洋、北にアタカマ砂漠、南にパタゴニア氷河と、自然の防壁に囲まれ、良質のぶどうが生育する環境にあります。
 また、降水量が一年を通じて少なく、夏の強い太陽光を遮るもののない状況、日照時間が長い中で、太陽光の紫外線に耐性をつけるために、ブドウはたくさんのポリフェノールを作ります。そのため、他の産地と比較しても非常に多くのポリフェノールが含まれていると認識されています。


c0128541_1352219.gif



いいもの交流館「田中愛子の葡萄の愛情(チリ産グレープシードオイル)」のページへ
[PR]
by salesrep | 2010-01-20 15:49 | 商品

葡萄の愛情(チリ産グレープシードオイル)

c0128541_13445927.jpg


田中愛子の葡萄の愛情はワインを搾り出すために取り出された「ぶどうの種子」が原料です。
特徴は透明感のある緑色で味にクセがなく、アッサリしています。
栄養も豊富でビタミンEはオリーブオイルの2倍、ポリフェノールも多く含まれています。
また、製法もこだわっており、低温圧搾法を採用して原油を搾り出し、化学物資を使用することなく精製していますので、植物本来の成分と特性が生かされる食用油です。
一般的に大量生産されている植物油は、高温高効率の抽出・化学精製されたものが殆どで、加熱、脱色、脱臭、溶剤の除去などの工程により、植物本来の特性は望めません。


いいもの交流館「田中愛子の葡萄の愛情(チリ産グレープシードオイル)」のページへ
[PR]
by salesrep | 2010-01-18 13:43 | 商品

南部鉄器・鉄瓶の使い始めと使った後は 

~鉄瓶の取扱~
新品の使い始め
①軽く水洗いをします。
②沸かして捨てて、また沸かして捨てて下さい。
③3回目からお飲み下さい。

使った後は
①お湯を捨てて、空っぽにして下さい。
②蓋をとって余熱で乾かします。又は、10~20秒ほど空焚きします。

(注)お湯は鉄瓶の中に残さずに使用後は常に空っぽにして下さい。


~鉄鍋の取扱~
新品の使い始め
①お湯洗いして、拭きます。
②油を多めに引いて野菜くずを炒めます。
③野菜くずを捨てて、使い始めます。

使った後は
①温水で洗います。
②拭いた後、軽く空焚きします。
③しばらく使わない時は、内側に軽く油を塗っておきます。


いいもの交流館へ
[PR]
by salesrep | 2010-01-15 08:39 | 雑記

南部鉄器 サビた時のお手入れ

前回に引き続き、今回は南部鉄器です。

~サビた鉄鍋~
①お湯洗いする。

②亀の子タワシでサビをこする。

③空焚きをする。

④油を多めに引いて、野菜くずを炒める。


(注)
・料理を作りおきせずに、別の器に移してください。
・鉄分の影響で料理が黒ずんでくる場合があります。
・料理の塩分の影響で鍋が錆びやすくなります。


いいもの交流館へ
[PR]
by salesrep | 2010-01-13 17:17 | 雑記

南部鉄瓶 サビた時のお手入れ

新年明けましておめでとうございます!

南部鉄器や鉄瓶のお問い合わせ(お手入れ)が
最近多いので、簡単ですが参考にして下さい。

~サビた鉄瓶~
錆びているがお湯は透明で鉄臭くない場合
そのままお使い下さい。安定した状態です。
但し、中を触らないこと。水分はしっかり飛ばすことをこれからも続けて下さい。
(大都市圏の水で使うと鉄分内部が赤くなる事が多いようです。水源に
 よって内部の様子は、赤くなったり、白く湯あかがつくなど違いがでます。)

沸かしたお湯が赤く鉄臭い場合のお手入れ
①鉄瓶に水を少し入れ、亀の子タワシでサビをこすります。
②よくすすぎます。
③煎茶の出がらしをお茶パックに入れたものを用意します。
④鉄瓶に水を八分目ほど入れて、③を20分ほど煮詰めます。
⑤火を止めてそのまま7~8時間おいておきます。
⑥真っ黒な水となりますが、これが鉄分とお茶からでるタンニンと化合した色です。
⑦このタンニンがサビをパックするように覆いかぶさりサビの進行を防ぎます。
⑧ ④~⑥をもう一度繰り返します。

(注)
・都市ガスは中火以下にてお使い下さい。
・長期にわたり使用しない場合は、新聞紙など吸水性のよい紙にくるみ
 風通しのよいところに保管して下さい。
・鉄瓶は水を入れたままにしているとサビます。必ず空けて下さい。


いいもの交流館へ   
[PR]
by salesrep | 2010-01-08 07:50 | 雑記