南部鉄器 サビた時のお手入れ

前回に引き続き、今回は南部鉄器です。

~サビた鉄鍋~
①お湯洗いする。

②亀の子タワシでサビをこする。

③空焚きをする。

④油を多めに引いて、野菜くずを炒める。


(注)
・料理を作りおきせずに、別の器に移してください。
・鉄分の影響で料理が黒ずんでくる場合があります。
・料理の塩分の影響で鍋が錆びやすくなります。


いいもの交流館へ
[PR]
# by salesrep | 2010-01-13 17:17 | 雑記

南部鉄瓶 サビた時のお手入れ

新年明けましておめでとうございます!

南部鉄器や鉄瓶のお問い合わせ(お手入れ)が
最近多いので、簡単ですが参考にして下さい。

~サビた鉄瓶~
錆びているがお湯は透明で鉄臭くない場合
そのままお使い下さい。安定した状態です。
但し、中を触らないこと。水分はしっかり飛ばすことをこれからも続けて下さい。
(大都市圏の水で使うと鉄分内部が赤くなる事が多いようです。水源に
 よって内部の様子は、赤くなったり、白く湯あかがつくなど違いがでます。)

沸かしたお湯が赤く鉄臭い場合のお手入れ
①鉄瓶に水を少し入れ、亀の子タワシでサビをこすります。
②よくすすぎます。
③煎茶の出がらしをお茶パックに入れたものを用意します。
④鉄瓶に水を八分目ほど入れて、③を20分ほど煮詰めます。
⑤火を止めてそのまま7~8時間おいておきます。
⑥真っ黒な水となりますが、これが鉄分とお茶からでるタンニンと化合した色です。
⑦このタンニンがサビをパックするように覆いかぶさりサビの進行を防ぎます。
⑧ ④~⑥をもう一度繰り返します。

(注)
・都市ガスは中火以下にてお使い下さい。
・長期にわたり使用しない場合は、新聞紙など吸水性のよい紙にくるみ
 風通しのよいところに保管して下さい。
・鉄瓶は水を入れたままにしているとサビます。必ず空けて下さい。


いいもの交流館へ   
[PR]
# by salesrep | 2010-01-08 07:50 | 雑記

柿渋染めレディースベスト

c0128541_720259.jpg


平安時代から続く伝統の柿渋染めで仕上げたレディースベストです。
独特の風合いのお洒落さだけでなく、耐久性、耐水性、抗菌性に優れた商品です。

着ていく内に柿渋染め独特の風合いが更に増し、自分だけのオリジナルの一着としてお楽しみいただけます。


いいもの交流館「柿渋染めレディースベスト」のページへ
[PR]
# by salesrep | 2009-12-25 13:44

柿渋染めクッション

c0128541_2121731.jpg


日本の伝統素材でありながら、現代のお部屋のマッチする柿渋染めのクッションです。
帆布の素朴な質感と柿渋染めのナチュラルな風合いは独特の雰囲気を醸し出します。
柿渋染めは耐久性・防水性・抗菌性に優れているので、小さなお子様のいる家庭にもオススメです。
特殊な色落ち止め加工をしている為、衣服に色が移染するという心配はありません。


いいもの交流館「柿渋染めクッション」のページへ
[PR]
# by salesrep | 2009-12-23 18:12 | 商品

柿渋染めビッグトートバッグ

c0128541_20256.jpg


柿渋染めビッグトートバッグは、日本に古くから伝わる伝統の技術と現代の暮らしにマッチするトートバッグを組み合わせた商品です。

柿渋染めには防水・防腐効果や素材の強度を増す効果があります。
団扇や和傘などに古くから庶民の生活で日常的に使用されてきました。
丈夫な帆布に独特の風合いのある柿渋染めを施して、更に雷ジワを付ける事でよりいっそうの風合いを加えています。
A3サイズの書類が入るたっぷりサイズで、ショッピングやちょっとした旅行などに大活躍です。


いいもの交流館「柿渋染めビッグトートバッグ」のページへ
[PR]
# by salesrep | 2009-12-21 15:28 | 商品