自家製ハーブオイル

グレープシードオイルを使った
自家製ハーブオイルの作り方です。

ドレッシングに炒め物にとっても便利ですよ!

(材料)
グレープシードオイル 2cup
ローズマリー 2本
バジル 10枚
ミント 20枚
塩・胡椒 適量

(作り方)
①グレープシードオイルにハーブ類・塩・胡椒を漬け込む。
②2~3日して香りが移ったらハーブ類を取り出す。


グレープシードオイルとは
[PR]
# by salesrep | 2009-12-18 15:51 | 商品

グレープシードオイル

まず、驚いたのが美しく鮮やかなグリーン色!

味はオリーブオイルのようなクセがなくさらりとしたオイルです。

口当たりが軽いのでどんな料理にも相性抜群。

火を通さずいただくドレッシングはもちろん、
炒め物や揚げ物にもフル活用しています。

ピクルスを作ったところ、いつものサラダ油使用の
ものより軽い仕上がりになり好評でした。

コレステロールが0%
メタボ対策のひとつしてもぜひ取り入れたい一品です。


グレープシードオイルとは
[PR]
# by salesrep | 2009-12-16 20:14 | 商品

グレープシードオイル

チリ産グレープシード・オイルは、ワインを搾り出すために
取り出された「ぶどうの種子」が原料です。

健康に良いとされる成分を豊富に含んだ食用油、
透明感のあるミドリ色です。
味にクセがなく、アッサリしていることから、
日本人の嗜好にあった食用油として注目をあびています。

また、若返りのビタミンと言われる「ビタミンE」が
オリーブオイルの約2倍含まれています。

ビタミンEは抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、
細胞の健康維持を助ける栄養素です。
それに加えて血行を促進して、老化を防ぐ効果が
期待できる栄養素でもあります。

さらに詳しくは>>>グレープシードオイル
[PR]
# by salesrep | 2009-12-14 09:06 | 商品

オルゾ イタリアン大麦ノンカフェインコーヒー

イタリアではエスプレッソが好まれ良く飲まれているのは有名ですが、コーヒーが伝わる以前から穀物飲料が広く飲まれていました。
そして今でもBAR(バール)と言うイタリアの喫茶店で愛飲され続けています。

オルゾはイタリアにギリシャ・ローマ時代から伝わる古代大麦が原料です。
それをイタリア マルケ州の栄養豊富な土地で、とても厳しいEUの有機栽培の基準「オーガニックファーミング( BIOマーク)」を取得し生産しています。

原料の大麦には多量の食物繊維が含まれています。
食物繊維以外にも多くのミネラルが入っていてとても健康的な飲み物です。
コーヒーと違い、カフェインが一切含まれていないので妊婦の方をはじめ高血圧の方にもオススメです。

使い方はカンタン!
ティーパックタイプになっているので、水やお湯にそのまま入れるだけです。
冷たい牛乳の中に入れてオロゾラテとして楽しむこともできます。
またパックの中に入っている焙煎大麦は顆粒状ですので、お菓子の材料としても使えます。


いいもの交流館 「オルゾ イタリアン大麦ノンカフェインコーヒー」のページへ
[PR]
# by salesrep | 2009-12-11 20:23 | 商品

かつおこんぶ

c0128541_15371887.jpg


「かつおこんぶ」は真昆布とかつお節の旨味をより発揮するよう、最適な割合で調合された商品です。
特に昆布は特許の斜め削りになっていて、旨味が水分を含んだだけで簡単に溶け出します。

旨みが溶け出しやすいので、色々な料理に美味しさをプラスする事ができます。
冷奴や納豆などに直接ふりかけたり、お湯を注いで少しの醤油を入れるだけで簡単にお吸い物として楽しめます。


いいもの交流館 「花けずりこんぶ」のページへ

[PR]
# by salesrep | 2009-12-09 16:17 | 商品